« 親の顔が見てみたい? | トップページ | 塀の向こう »

2012年1月28日 (土)

ぶるぶるとぷるぷる

昨日の動画Upするの忘れてました。

↑氷の上を歩いたあとで、急にshock寒くなったのか小走りになってぶるぶるぶるぶるsweat01

んで、今日のココは・・・・

↓島忠のエレベーターです。

DSC093442

驚愕の5.8kg。

片手で持ち上げてるんだけど、私の手が明らかにぷるぷるしてましたcrying

にくらべて、ココののん気な顔ったらsweat02

そろそろやばいな。

ところで、指の腫れがまだひきません。。

もうすぐ1ヶ月。

こんなに腫れがひかないことってあるのかな?

信頼してないわけじゃないんだけど、大晦日に診察してくれたのは、乳腺外科の先生なの。

その後も同じ先生がいいだろう、ということで最後まで診てもらって、レントゲンの結果も異常なしって言われたんだけど・・・

今考えると、骨折だけ、ササッと確認しただけのような・・・coldsweats01

やっぱり整形外科の診察が必要かもなぁ。Not talking

|

« 親の顔が見てみたい? | トップページ | 塀の向こう »

ペット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

気になるならやはり整形の先生にみてもらったほうがいいと思いますよpaper
身体のどの部分が悪くなっても都合悪いけれど 指はなにをするにしても使うから しっかりみてもらいましょうsign03
ココちゃん 5.8キロですか~
小顔なのでそんなにあるとは思いませんでしたわ~coldsweats01

投稿: 美優のまま | 2012年1月28日 (土) 22時40分

私は7.3㎏のふうちゃんを片手だっこだよーsmile
力持ちかも…

指の腫れ、心配だね。
深い傷で大きい怪我だったから時間もかかるのかな。
ちゃんと診てもらったら安心だね。
おだいじにconfident

投稿: まま | 2012年1月28日 (土) 22時44分

がぶっと 噛まれた傷は、腫れや痛みも続くけど 
 また 診てもらった方が 安心だねっ。
ココちゃん ブルブル パタパタ してる。
(*^。^*)やっぱかわいいっ。
5.8㌔ ゲンタよりおもーい (^_^;)
でも 女の子だから ゲンタより きゃしゃだよね。きっと たぶん。
ゲンタもハントも 両腕に ときどき 抱えてますけどぉ。よっこらせっ。rock


投稿: acefeel | 2012年1月29日 (日) 00時39分

1度 専門の先生に診てもらった方が
いいですよ~っ
痛みは もう大丈夫なのかな。。

ココちゃん 雪の上もへっちゃらだぁ~
でも プルプルってなったね( ´艸`)プププ
まろんは5kだけど 長時間の抱っこはキツイっsweat01
次の日 筋肉痛になっちゃいますっcoldsweats01

投稿: maron-go | 2012年1月29日 (日) 10時32分

ココちゃん、もっと痩せてると思った!!!

指の腫れ・・・
自分は交通事故で手指3本、複雑骨折しましたが
腫れが引いて、指にしわが戻るのに指から針金を
抜いてから半年。
見た目、指らしく見えるようになったのは
リハビリして1年掛かりました。

指は細かい作業をするため神経等が一番走って
いるところ、病院の先生も指は神様の領域と
おっしゃっていました。

一度、専門医の診断を受けて下さい!!!

投稿: ピクシーパパ | 2012年1月29日 (日) 11時52分

ここちゃん、可愛い~~heart
動画を見ると嬉しくなっちゃったnote
動画っていいねclover
                        
指、時間かかってるねconfident
自分が納得できる答えをくれるお医者さんに診てもらった方が安心するもんね。

投稿: カメ | 2012年1月29日 (日) 13時22分

え~!まだ腫れてるの??wobbly
なんとなく・・・心配なのは乳腺外科だからか?
うん・・・専門じゃないってねえcoldsweats01
やっぱ整形行った方がいいかとweep
ココちゃん!レオンは今5.7kgだよhappy02
あんまり変わらないね~
でも、ココちゃんの方がスリムに見えるよ!
肉球しもやけにならなかった??

投稿: まっきー | 2012年1月29日 (日) 14時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1357903/43904382

この記事へのトラックバック一覧です: ぶるぶるとぷるぷる:

« 親の顔が見てみたい? | トップページ | 塀の向こう »