2021年11月28日 (日)

ケージの外から水を飲む

温かいメッセージ、ほんとにありがとう!!

あれから、薬がまったく効いてる感じがしなくて、再度病院に連れていきました。

そして、ステロイドに踏み切ることにした。

副作用は当然あるけど、頚椎ヘルニアのときも最終的にステロイドが効果的だったので、今回もやはり一番強いステロイドで痛みを和らげるのを最優先に。

もしこれがダメなら、 ブレンダZという最新の薬があるそうで、ちょっと高価。

もともと膵炎の炎症を抑える薬らしいけど、あらゆる抗炎症剤として使えるので、獣医さんも大絶賛。

ただし、5日間ぶっ続けで注射しに通う必要あり、ということで、なかなかハードルが高いんだよね~。

さて、話は戻り、ステロイドで様子を見ましたが、もう、即日、即効、効きました😆

そうなると安静が難しい。

二本足で立ち上がったり、小走りしたり、ジャンプしようとしたり。

四六時中見張ってるわけにもいかないので、ケージ買いました。

Img_20211125_205310_275

どうですか、このしょんぼり感w

でもこうやっておとなしく入っていたのも束の間。

すぐに出せ出せと暴れだす。

困ったもんです。。。

そして、ついに編み出した新技。

↓ ケージに入らずに水を飲む

 

そんなに入りたくないんかい(^_^;)

| | コメント (2)

2021年11月22日 (月)

捻挫じゃなかったよ

皆様、ココの足を心配してくれてありがとう(^^)

 

金曜日に通院して、様子見を続けてきました。

そして今日になり、あまり良くなっていないどころか、悪化しているようにも見えたので再度、病院へ。

(たまたま有給とっててよかったw)

朝、動き始めが一番調子が悪く、左足を完全に引きずってる状態。

首もぶるんぶるんしにくそう。

でも、時間が経つと、徐々に調子が戻ってある程度普通に歩けるようになる。

とはいえ、完全ではないけどね。

 

さて、経過と診断結果。

前回、レントゲンで骨の異常は見られなかったので、年齢を考えて腎臓に負担のかかる神経系のお薬ではなく、関節痛のお薬(消炎鎮痛剤のガリプラント)を処方してもらった。

これは、神経痛にはまったく効かないとの説明を受けたうえで。

今回の触診で、前回は見られなかった症状が確認出来た。

それが、首の左側の違和感(右には首が回るけど、左には回りにくい)と、腰の明らかな痛み。

首は頚椎ヘルニアとは無関係。

もしかしたら、どちらも左側に難ありなので、ソファから落ちたとき、左側を打ち付けてしまったのかも。

または、腰については軽いヘルニアかなぁ。

以前にも同じこと、ありました。

確実に診断するためには、本来はMRIの出番になるけど、そこまでの切迫度は低いということで、とにかく痛みを抑えるために、今回は神経疼痛剤のガバペンチンを処方してもらいました。

ご存知かもしれませんが、これはヘルニアだけじゃなく、抗てんかん剤としても用いられるお薬だそうです。

腎臓への負担を考慮して、来週まで、という期限付き。

 

副作用なのか、ココ、眠くてしょうがないようです。

病院から帰ってからずーっと寝てますZZZZ

Dsc_0001_20211122183901

↓ 起きてるときもだるそ~

Dsc_0007_20211122183801

マルタさん、さすがです。単なる捻挫じゃなかったみたい。

何度も動画確認してくれたなんて、ほんとにありがとうm(_ _)m

ピクパパさん、すみこさん、シニアの親として、怪我や病気と戦う子の親として、これからもアドバイスよろしくお願いします\(^o^)/

| | コメント (3)

2021年11月20日 (土)

捻挫かなぁ

分かる?

ココ、足ちょっと引きずってるの。

どうやら、ソファから落ちたときに受け身がとれなくて、捻挫したみたい。

レントゲン撮ったけど、変なものは映っておらず、捻挫じゃないかなと。

ただ、毎回言われるけれども、映らないヘルニアの可能性がないわけじゃないので、痛み止めでちょっと様子見。

ここのところ、あれやこれやで通院多め(^_^;)

シニアだから・・というよりは、お転婆だから??

ともかく、しばらく、お散歩はバギーオンリーです!!

| | コメント (3)

2021年11月12日 (金)

カリカリ食べ放題

自律神経の具合がイマイチで、心療内科行ってきました。

更年期から来てるのかなぁ、と思ったけど、判然としない。

とりあえずお薬処方してもらいました。

具体的には気分のムラ、落ち込み、イライラ、慢性疲労、頭痛めまい、肩コリ首コリ、ナドナド。

体はどうにか我慢できるけど、メンタルは如何ともし難い。

もともと甲状腺が異常発達しているので、そういう人って自律神経壊しやすいらしいのね。

他の病気のほうは手術したり、定期通院で管理してるから、今年は人間ドックやめて普通の健康診断にしました。

 

というとこで、今度はココの話。

先日、またやられてしまいました・・・・(^_^;)

私とパパがしゃぶしゃぶ食べ放題に出掛けている間、ココは家でカリカリ食べ放題してました(苦笑)

どういうことかというと。

ご飯の袋を、以前のように床に直置きしてはいないのですが、プラボックスの上、一段高いところに置いてありました。

そしたら、どうやら大ジャンプを繰り返し、ついにぶっ倒し、封をされているところも噛み噛みして穴を開けてうまいこと剥がし、あとはカリカリの大海原にダイブ💨💨💨

何も知らない私たちが帰宅すると、💩の残骸があちこちに。

いや~~~~な予感。デジャヴですな。

やられた・・・・・・。

体重はさほど増えてなかったけど、樽みたいな体になってました。

夜は2回吐き、朝は食欲なし(あげないけどね)。

様子を見て病院に連れて行こうかと思ったけど、どうやら昼頃から調子が戻ったらしいです。

あ、ビオフェルミン飲ませたからかな。

もうフードは、床に近いところにはぜっっったい置かない!!

冷蔵庫の上に移動しました。

「あれ、取って!」

とばかりに、冷蔵庫をかりかり引っ掻くココを無視する日々、いつまで続くのだろう・・・。

Inkeddsc_0003_li

Inkeddsc_0005_li

Inkeddsc_0006_li

Inkeddsc_0007_li

| | コメント (4)

2021年11月 6日 (土)

動物と暮らす覚悟

先日、ご近所の方がみえました。

すぐ近くにお住まいだった、一人暮らしのお年寄りが亡くなり、飼っていた30匹の猫たちをどうするか意見を募っていると。

引っ越してきた当初から野良猫がたくさんいたので、地域猫なのかなと思っていたけど、実はその方がお家の中でお世話をしていたようです。

去勢避妊はしていたけれど、お一人では面倒を見きれず、いつもお宅の前を通るときはニオイがしていました。

みんな外に出て、各所でトイレしてたし、交通事故もあったと思う。。

 

で、意見を募るってどういうこと?ってことだけど、どうやら愛護団体の方々が同行していて、親族の方(遠方にお住まいのお子さん)に報告するために話を聞いて回っているらしい。

まず、殺処分は絶対ダメ、は共通しているので安心しました。

亡くなったことで、親族の方が猫たちを保護してほしい、と連絡してくれたみたい。

ただね、お金の問題もあるだろうし。

 

こういうことがあるたびに思います。

なぜ、簡単に動物を飼えるんだろうと。

簡単に飼えるから、簡単に捨てる人もいる。適当に飼う人もいる。

飼いたいと思った当日には購入することが出来る、これまず不思議。

ほんとに迎えたいなら、大量生産じゃなく、前金を払い、ペットと生活するための知識を身に付け、その後ようやく迎えるべきだと思う。

ペットショップのいい加減さ(経験済みだし汗)、自分自身もそんな感じでココを迎えた後ろめたさ、それも含めて是正しなくては。

 

Dsc_0002_20211106185201

| | コメント (3)

«Happy Halloween